むくみ解消には水分コントロールとマッサージがオススメ

1日中立ち仕事で足がむくんでしまったり、1日歩き回って足がむくんでしまったり…。夕方や夜になると、むくみが気になることってありますよね。翌日のことも考えて、その日のうちに、むくみは解消しておきたいものです。

むくみを解消するグッズも、たくさん出回っています。着圧ソックスからマッサージ機、サプリメントまで様々な種類のものがあります。これらを上手に活用して、むくみを翌日に持ち込まないようにしましょう!

1番気になる足のむくみにはコレ!

むくみやすいし、むくみを感じやすい足。様々な要因で、足はむくみますが、足のむくみにはふくらはぎが大きく関わっています。ふくらはぎの筋肉が動くことで、ポンプ代わりになり、体内の余分な水分や老廃物を押し流し、溜め込まないようにしています。しかし、長時間同じ姿勢でいたり、歩いて足の筋肉を使い過ぎていると、筋肉の運動機能が弱まり、水分や老廃物を上手に流すことができなくなってしまいます。

ふくらはぎの筋肉を刺激して、身体の血の巡りをよくする必要があります。そんなときに、活用したいのが「着圧ソックス」です。着圧ソックスは、足に適度な圧をかけることができます。

足に適度な圧がかかると、血液やリンパの流れが良くなり、老廃物も上手に流れていきます。結果、むくみが解消されます。着圧ソックスは、様々な種類のものが販売されています。日中使えるものから、就寝時用がありソックスの長さや素材が異なります。圧もそれぞれ違うので、使いたい時間帯や好みで選べるのが嬉しいポイントです。

ふくらはぎのケアが足のむくみ解消の鍵!

足のむくみ解消、むくみにくい身体作りの両方に効果があるのが、ふくらはぎです。ストレッチや運動で筋肉を動かし、水分や老廃物を流します。マッサージも効果的でしょう。血行やリンパの流れを良くし、新陳代謝を上げることが効果的です。

ふくらはぎのマッサージ機も売られていますね。着圧ソックスとは違い、履いて寝ることはできませんが、人にマッサージされているような感覚があります。もみほぐし効果で、血行やリンパの流れが良くなるので、数十分で足がだいぶ楽になるのが感じられます。また、足に筋肉をつけ、ポンプの役目をしっかり果たせるように、動かすことを意識しましょう。日ごろから、ストレッチやマッサージをし、水分や老廃物を溜め込まない身体作りを目指しましょう。

むくみ解消には、水分とミネラル分が必要

むくんでいるときは、水分を控えようとしますが、これは逆効果です。水分が足りないと、老廃物が排出できなかったり、身体の巡りが悪くなるので、かえってむくみの原因になってしまいます。目安としては、1日に1.5リットル〜2リットルの水分を摂るようにしましょう。カフェイン入りのお茶やコーヒーでは、カフェインの摂り過ぎになってしまうので、水を飲むことをオススメします。また、ジュース等では糖分が多く含まれているので、これも逆効果です。

水分を排出する手伝いをしてくれる栄養素が「カリウム」です。カリウムを積極的に摂ることで、身体の余分なものを排出し、むくみ解消に繋がります。ほうれん草やアボガドなどの野菜や果物に多く含まれています。食事から摂るのが難しいときは、サプリメントから摂取してもいいです。

厚労省「カリウム」(外部サイト)

SNSでもご購読できます。

Top