アルコール摂取でむくむ原因とは

お酒を飲んだ日は手や足がむくんでいたり、次の日、朝起きたら顔がパンパン!なんてことはありませんか?なぜ、お酒を飲むとむくみが起こるのかをご説明します。

アルコールでむくむ、その理由とは

お酒を飲むと、身体がポカポカしたり、顔が赤くなったりしますよね。これは、身体の血の巡りが良くなった証拠です。このようにお酒にはリラックス効果やストレス発散効果があり、良い一面もありますが、やはりデメリットもあります。

アルコールにより、血管が膨張し血の巡りが良くなるのですが、血管が膨張したことにより、水分が血管の壁を通り抜けやすくなります。通り抜けた水分が、細胞と細胞の間にどんどん溜まっていってしまいます。これが、むくみの原因となります。また、アルコールを肝臓で分解するのですが、飲み過ぎると肝臓に負担がかかります。老廃物の処理も肝臓で行っているため、老廃物が溜まってしまい、むくみやすくなってしまいます。

お酒を飲むと、トイレが近くなるけれど…

お酒を飲んでいるときは、トイレが近くなりますよね。それは、アルコールに抗利尿作用を抑える効果があるからです。普段活躍している抗利尿作用を抑えることで、トイレが近くなります。一見、水分を排出しているのだから、むくみにはならなそうに思えるのですが、ただ水分が出ているだけで余分な老廃物等が出ているわけではありません。

トイレに行きまたアルコールを飲み、そしてまたトイレに行く。この繰り返しになり、悪循環です。アルコールは水分ではないので、お酒を飲んでいるときの身体は、脱水症状になっていることがあります。脱水症状が起こると、身体は水分を溜め込もうとするので、これもむくみの原因になってしまうんですね。アルコールの間にお水を飲んで、水分補給をするように心がけましょう。

また、お酒を飲む時に一緒に食べる食事は味が濃いものが多いです。必然的に塩分が多いものが多くなってしまいます。塩分の摂り過ぎも、むくみに繋がるので気をつけましょう。

SNSでもご購読できます。

Top