ストレスがむくみの原因に?ストレスホルモン「コルチゾール」とは

むくみの原因はさまざまありますが、一見関係なさそうなストレスもむくみと関係があります。ストレス社会と言われる現代において、ストレスを感じない生活は難しいかもしれません。はっきりと自分で感じていなくても、身体はストレスを感じていたりします。なぜ、ストレスとむくみが関係あるのかをお伝えします。

ストレスを感じると発生するホルモン

ストレス太りという言葉があるように、ストレスで太ってしまうことは聞いたことがある人もいると思います。ストレスにより暴飲暴食をすることで、太ると考えられますが、ストレスで太るのはそれだけが理由ではありません。確かに、食べることはストレス発散効果が感じられ、結果食べてしまうということがありますが、驚くことに食べなくてもストレスで太ってしまうんです。

ストレスを感じると「コルチゾール」というストレスホルモンが発生します。このホルモンは、身体の水分代謝を低下させる働きがあります。水分代謝が低下することで、水分が上手く排出されずに体内に溜め込み、むくみが生じるのです。

ストレスでホルモン生成されるとむくむ、食べすぎると塩分を摂り過ぎて太る・むくむ。ストレスは、むくみと密接に関係していたんですね。大人はストレスで飲酒する人も多いと思いますが、飲酒もむくみに繋がります。飲んだ翌日はむくんでしまっているということも経験あるのではないでしょうか。暴飲暴食・アルコール以外でのストレス発散方法をみつけ、日ごろからストレスを溜めない生活を心がけていきましょう。

厚労省「ストレスとは」(外部サイト)

ストレスを感じているときの対処法

ストレスを感じると発生する、ストレスホルモンのコルチゾールは、水分を溜め込む働きがあります。そのため、むくみを解消するにはコルチゾールが溜め込んでしまった水分を、外に排出する必要があります。

ストレスを感じたときは、ミネラルを摂取することをオススメします。ミネラルは、身体の余分な水分や老廃物を外に排出してくれる栄養素です。ミネラルの中に含まれているカリウムは、利尿作用があり排出効果があります。マグネシウムは抗ストレス作用と血流やリンパの流れをよくし、カリウムの吸収を手伝い、身体の水分バランスを整えてくれる作用があります。ミネラルを摂取して、むくみを解消させていきましょう。

ミネラルを効率よく摂るには?

ストレスでのむくみを解消してくれるミネラルですが、ミネラルは海藻類やきのこ類・ほうれん草・納豆に多く含まれています。多くの食材に含まれているため、毎日でもミネラルを摂取することができます。外食の多い人も、海藻類やキノコ類を意識してメニューを選びましょう。また、手軽にサプリメントでも摂取できるのが嬉しいですね。

ストレスを感じない生活は難しいかもしれません。そんなときは、ミネラルを積極的に摂りつつ、ストレスと上手に付き合っていく自分なりの方法を見つけ、身体に感じる症状を最小限に抑えていきましょう。

厚労省「カリウム」(外部サイト)

SNSでもご購読できます。

Top