むくみ解消をすると体重は減少する?小顔や脚やせにもなるむくみ解消

女性に多い、むくみ。むくみは、体内に水分を溜め込んでしまうために起こります。むくんでいると、なんとなく動きにくかったり、身体が重い気がしますよね。水分は意外と重さがあります。その体内に溜め込んでいる余分な水分を排出できれば、体重減少に繋がります。

ダイエットとむくみの関係

顔が丸くなったり、足が太くなった…体重も増えたから太ってしまった!と思っても、必ずしも脂肪で太っている訳ではないです。むくみで、水分量が増えた場合も、体重が増えたり、顔や足が太くなります。一見、脂肪が原因で太ったように思えても、食べ過ぎなど太る原因に心当たりがないときは、むくみが原因だったりします。この場合は、脂肪を落とすようなダイエット方法を試しても、さほど効果は得られないでしょう。

言い換えると、ダイエットをしているのに、なかなか体重が減らずに悩んでいる人は、脂肪で太っているのではなく、水太り=むくんでいるのかもしれませんね。脂肪にアプローチするダイエットではなく、むくみ解消に力を入れた方が効果が得られるかもしれません。太る原因に心当たりがない時は、むくみを解消する方法を試してみましょう。

特に女性は生理前になると、自然と身体に水分を溜め込んでしまいます。また、代謝が落ちていたりするので、生理前に体重が増えることがあります。そういうときは、無理に運動するよりも代謝を上げるために、ストレッチや温かい湯船にゆっくり浸かることをメインに行いましょう。

むくみ解消で体重減少する方法

むくみを解消することで、余分な水分が排出されてその分、体重が減少します。むくみを解消するには、血液やリンパの流れを良くする必要があります。ストレッチや足の筋肉を動かすことで、血行が良くなりむくみが解消されます。お風呂上がりにマッサージをし、リンパを刺激してあげましょう。リンパが詰まりやすいと言われている、膝裏や足の付け根などもほぐし、リンパが流れやすい状態を作っておきましょう。

また、塩分を控えることも大切です。塩分は水分を体内に溜め込む性質があるので、摂りすぎるとむくみます。なので、塩分を控えることでむくみの解消になります。塩分を控え、ストレッチやマッサージをし、血行を良くすることで、500g〜1kgくらいの体重減少が期待できると言われています。むくみを感じた時に必要なのが、カリウムやミネラルの摂取です。カリウムやミネラルは余分な水分を排出する働きがあります。むくみ解消には重要な働きをするので、積極的に摂取しましょう。

ダイエットを始めた頃は、割と簡単に体重が落ちますよね。それは、ダイエットによって食の改善や運動をするようになり、身体に溜まっていた余分な水分が排出されたために体重が減少するからです。水分や老廃物が排出し終わってからが、本当の脂肪にアプローチするダイエットが始まるんですね。また、ダイエットでなかなか落としにくいセルライト。このセルライトの原因とも言われているのが、むくみなんです。解消しやすいむくみのうちに撃退しておきたいですね。

厚労省「カリウム」(外部サイト)

厚労省「ナトリウム」(外部サイト)

厚労省「健康のため水を飲もう」推進運動」(外部サイト)

SNSでもご購読できます。

Top